伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
197/(金)

ニュース

VC長野 21日に開幕戦

VC長野 21日に開幕戦

バレーボールVリーグ男子1部、VC長野トライデンツの今シーズンの開幕戦が21日に迫り、選手たちは練習に励んでいます。
17日は、南箕輪村の村民体育館で選手たちが練習をしていました。
VC長野の昨シーズンの成績は5勝31敗で10チーム中9位でした。
今シーズンは新たに4人が新加入しました。
そのうち外国人選手は2人で、2022年のオーストラリア代表で身長2メートル1センチのトレント・オデア選手と、2メートル3センチの(シュウ)(チオン(チオン)選手です。川村慎二監督は新加入の選手に期待を寄せています。
 

VC長野 21日に開幕戦

地元企業もVC長野を応援しています。
南箕輪村の大芝の湯では、受付の隣にあるVC長野応援コーナーに、プリンの空き瓶で応援タワーが企画されました。
大芝の湯で販売されているVC長野のマスコットキャラクター、グロッテのプリンを購入すると、空き瓶がもらえます。
その空き瓶にメッセージを書き、高さおよそ3メートル50センチのタワーに置いていきます。
タワーにはおよそ600個が置けるということです。
南箕輪村開発公社と村の地域おこし協力隊でVC長野の中野(なかの)(りゅう)選手が企画しました。
このタワーは、開幕戦の21日から始まります。
 

VC長野 21日に開幕戦

また17日は、株式会社VC長野クリエイトスポーツの大矢(おおや)(よし)(ひろ)社長、川村監督と主将の池田颯(いけだそう)()選手らが村役場を訪れ、藤城栄文村長に健闘を誓いました。
VC長野トライデンツの今シーズンの開幕戦は21日に松本市総合体育館で行われ、昨シーズン4位の日本製鉄堺ブレイザーズと対戦します。
 

前のページに戻る 一覧に戻る