伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
206/(木)

ニュース

横浜市箕輪町(みのわちょう)と名前の縁で交流

横浜市箕輪町(みのわちょう)と名前の縁で交流

神奈川県横浜市にある「箕輪町(みのわちょう)」のまちづくりイベントが15日に横浜市で開かれ、名前が同じ縁で交流している上伊那郡箕輪町(みのわまち)の農産物が販売されました。
箕輪町(みのわまち)の職員や商工会のメンバーが会場を訪れ、梨やキノコなど箕輪町(みのわまち)を中心とした上伊那の農産物を販売しました。
箕輪町(みのわちょう)は、神奈川県横浜市港北区(こうほくく)にあり、人口は約1万4千人です。
名前が同じという縁で、2019年から交流が始まり、今回初めて箕輪町(みのわまち)箕輪町(みのわちょう)のまちづくりイベントに参加しました。
この日は、箕輪南小学校と交流をしている横浜市立箕輪(みのわ)小学校(しょうがっこう)の児童が、伊那谷の郷土食五平餅を販売しました。
主催した箕輪町(みのわちょう)商工会では「1回のイベントで終わらせず、今後も交流を継続していきたい」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る