伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
197/(金)

ニュース

西天竜発電所 竣工式

西天竜発電所 竣工式

長野県企業局が管理する伊那市小沢の西天竜発電所の大規模改修が完了し、竣工式が27日行われました。
27日は竣工式が行われ、関係者約50人が完成を祝いました。
西天竜発電所は、1961年に建設され、老朽化などから、2018年から改修が行われていました。
1台だった水車は小型の物を2台とすることで少ない水量でも年間を通して発電ができるようになりました。
年間発電量は1,810万キロワットアワーで、およそ5,000世帯分の電力を賄うことができます。
災害で大規模停電していても、敷地内で電力を使うことができる「自立運転機能」が追加されました。
また、発電設備を地下に設置したことから、地上は広場として整備されました。
広場には、会議などで活用できる交流センターも建設され、改修前に使用していた発電機の展示や、遊具などがあります。
発電所の敷地を地域に開放するのは県企業局では初めてです。
施設の名称は伊那西小学校6年の神林(かんばやし)くるみさんが考案した「西天でんでん広場」に決まりました。
27日は、長野県企業局南信発電管理事務所と伊那市の災害時応援協定の締結式も行われ、五味(ごみ)(ひろし)所長と白鳥孝伊那市長が協定書を取り交わしました。
協定では、大規模災害時に、避難場所として広場や交流センターが利用できるほか、広場内の充電器で電気自動車への充電が行えるとしています。
29日には、西天竜発電所の完成見学会が開かれます。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る