伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
134/(土)

ニュース

山小屋への物資輸送 無人VTOLデモ飛行

山小屋への物資輸送 無人VTOLデモ飛行

伊那市が2021年度から進めている山小屋への物資輸送プラットホーム構築事業の、無人垂直(すいちょく)離着陸機(りちゃくりくき)VTOL(ブイトール)のデモ飛行が14日に伊那スキーリゾートで行われました。
このVTOL(ブイトール)は、東京都の川崎重工業株式会社が開発しているものです。
この日は、機体のデモ飛行が初めて国や市の関係者の前でお披露目されました。
デモ機はスキーリゾートの上空を旋回しました。
デモ飛行を行った機体は、全長7メートルで、川崎製のエンジンで駆動し、200キロの荷物を標高3,100メートルまで運ぶことが出来ます。
伊那市は無人VTOLを使い山小屋へ荷物を運ぶ輸送プラットホーム構築事業を2021年度から進めています。
現在、山小屋への輸送はヘリコプターに頼っていますが、パイロット不足などにより、今後の物流の維持が課題となっています。
伊那市は、来年度から山小屋への飛行実証実験を行い、2026年度の事業化を目指しています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る