伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
207/(土)

ニュース

県縦断駅伝 上伊那2位

優勝は上田東御小県

県縦断駅伝 上伊那2位

第72回長野県縦断駅伝競走大会が19日開かれ上伊那は2位でした。
優勝は上伊那に4分5秒差をつけた上田東御小県でした。
県縦断駅伝は去年から2日間の日程を1日に短縮して行われています。
今年は松本市から飯田市までの12区間98.72キロでオープン参加を含む13チームが競いました。
1区を走った赤穂中学校の川上()南海()さんはトップで次のランナーにタスキを渡しました。
2区の白川()大地()さんは激しいデッドヒートを繰り広げ3位でタスキをつなぎます。
上伊那は6区を走る()()大祐()さんが順位を1つ上げ2位となります。
上伊那のランナーは地元の声援に応え力走をみせていました。
レースはそのまま進み上田東御小県が11年ぶり3回目の優勝を果たしました。
上伊那は2位で2018年以来の優勝には届きませんでした。
今年の県縦断駅伝は優勝が上田東御小県 2位が上伊那 3位長野市 4位松本市 5位全佐久 6位全諏訪 7位飯田下伊那 8位須坂上高井 9位安曇野市 10位塩尻東筑木曽 11位中野下高井 12位飯山栄 13位はオープン参加の千曲坂城・大町北安曇・上水内でした。

前のページに戻る 一覧に戻る