伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
167/(火)

ニュース

北小河内漆戸常会で大文字下ろし

北小河内漆戸常会で大文字下ろし

箕輪町北小河内の漆戸常会で、地区の安泰を願って建てられていた大文字(だいもんじ)の柱が、20日に地域住民によって下ろされました。
午前11時に、地域住民およそ20人が集まり、14日に建てられた大文字の柱が下ろされました。
柱は21日に下ろされる予定でしたが、雪の予報が出ているため、急遽20日に行うことになりました。
長さおよそ15メートルの柱を近くの漆戸集会所まで担いで運ぶと、付けられていた花飾りなどを取り外していきました。
漆戸常会の大文字は、およそ260年前から続いていて、町の無形民俗文化財に指定されている小正月の伝統行事です。
住民は花飾りを自宅に持ち帰り玄関などに1年間飾っておくということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る