伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
252/(日)

ニュース

伊那市社協 職員を被災地に派遣

伊那市社協 職員を被災地に派遣

伊那市社会福祉協議会は能登半島地震の避難所支援のため、職員1人を26日から石川県能登(のと)(ちょう)に派遣します。
石川県能登(のと)(ちょう)に派遣されるのは、障害者多機能型事業所ゆめわーくの生活支援員、三浦正也(みうらまさや)さんです。
25日は、福祉まちづくりセンターで壮行会が開かれました。
三浦さんは、長野県災害福祉広域支援ネットワーク協議会の災害派遣福祉チーム、DWAT(でぃーわっと)に登録しています。
市社協のDWATの派遣は今回が初めてで、三浦さんは、高齢者や要介護者を受け入れる福祉避難所で活動するということです。
(はやし)(とし)(ひろ)会長は、「被災者の立場にたって支援を行ってきてください」と激励しました。
三浦さんは、26日から30日まで現地で活動する予定です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る