伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
242/(土)

ニュース

上伊那の経営者などから話を聞くセミナー

上伊那の経営者などから話を聞くセミナー

上伊那地域の経営者などから話を聞く、伊那市ローカル人材育成セミナーが26日にinadani seesで開かれました。
セミナーでは上伊那地域の経営者など6人が自身の経験などを話しました。
第1部では、伊那市の木工業株式会社やまとわの奥田(おくだ)悠史(ゆうじ)取締役と、伊那市のデザイン会社株式会社ヒトコトデザインの小澤(おざわ)(じゅん)(いち)社長が、地域に必要な仕事について話をしました。
奥田取締役は「作りたい世界観が明確な仕事が地域に増えるほど、賛同者が多くなっていく」と話していました。
小澤社長は「困っていることなどを自分で探し、その10年先を見れば必要な仕事が見えてくるのではないか」と話していました。
第2部では、南箕輪村在住でキャリアコンサルタントの富岡(とみおか)順子(じゅんこ)さんと、宮田村地域おこし協力隊の坂口(さかぐち(あつし)さん、伊那市地域おこし協力隊の久田(ひさだ)(たく)()さんが、上伊那地域に必要なコミュニティーについて話しました。
その中で、富岡さんは「災害などの時に、区や組のつながりは必要になる。そのつながりをもっと面白くできればいいと思う」と話していました。
このセミナーは伊那市が国の交付金を活用した、伊那市ローカル人材育成事業として、今年度から令和7年度にかけて行うものです。
今後は、女性の働き方やSNSの活用方法などについて考えていくということです。
この日は、上伊那から37人が話を聞きました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る