伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
154/(月)

ニュース

きらら歯科 リップアートメイク導入

きらら歯科 リップアートメイク導入

コロナ禍で定着したマスクを外すことに抵抗のある人をサポートしようと、伊那市坂下のきらら歯科クリニックは、唇に色素を入れ、血色の良い口元にするリップアートメイクを導入しました。
リップアートメイクは、唇に色素を入れ、メイクをしなくても血色の良い顔の印象を作るものです。
きらら歯科では、今月からその技術を導入しました。
施術を行うのは、県内外でリップアートなどを行う、上田市在住の看護師小牧(こまき)美歩(みほ)さんです。
リップアートは、針を使って行う医療アートメイクで、医師と看護師のみ行うことができます。
カウンセリングを行い、その人にあった色を調合します。
施術は全部で2回行い、1回目は、くすみを取るために土台となる色を入れます。
 

きらら歯科 リップアートメイク導入

左が施術前、右が施術後です。
1回の施術でも、色の変化が見られました。
小牧さんは、コロナ禍でマスクを外すことに抵抗がある人などに、自信をもってマスクを外して外出してもらおうとリップアートを行っています。
リップアートメイクは、男女問わず受けることができます。
きらら歯科では、火曜日に行っています。
クリニックには無料の託児所があり、子どもがいても気軽に利用できるということです。
【問い合わせ】きらら歯科クリニック電話72-6030 
 

前のページに戻る 一覧に戻る