伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
154/(月)

ニュース

公衆衛生専門学校で卒業式

公衆衛生専門学校で卒業式

伊那市荒井の長野県公衆衛生専門学校で卒業証書授与式が8日に行われ、18人が学び舎を巣立ちました。
式では小野(おの)(とよ)(あき)校長から卒業証書が手渡されました。
卒業生を代表して下平(しもだいら)(ゆき)()さんは「試行錯誤した経験は私たちの糧になっている。自分が思い描く歯科衛生士になれるよう頑張っていきたい」と話していました。
小野校長は「理想の歯科衛生士を目指して活躍してください」と話していました。
今年度の卒業生は18人で、就職先の内訳は、県内の歯科診療所に14人、県内の病院に2人、県外の歯科診療所に2人となっています。
 地域別では、上伊那が5人、飯田下伊那地域が4人などとなっています。
 卒業生は3日に歯科衛生士の国家試験を受けていて、26日に合格発表があるということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る