伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
154/(月)

ニュース

伊那中学校で110人が卒業

伊那中学校で110人が卒業

上伊那の小中学校で卒業シーズンを迎えています。
伊那ケーブルテレビ放送エリア内では中学校2校で13日に卒業式が行われました。
このうち、伊那市の伊那中学校では男子51人、女子59人のあわせて110人が卒業を迎えました。
式では有賀(あるが)(みのる)校長から一人ずつ卒業証書を受け取りました。
在校生は生徒会役員のみが出席し、他の生徒はオンラインで参加しました。
有賀校長は「これからの人生、たんぽぽの花のようにきれいな花を咲かせ、羽ばたいてください」と式辞を述べました。
卒業生を代表して(たか)(はし)(ほの)()さんが答辞を述べました。
「毎日学校に通って一緒に授業を受けたり、部活に取り組んだりと仲間とは家族よりも長い時間を過ごしてきた。まだみんなとはサヨナラしたくない想いをこらえて、私たちはまた新しい一歩を踏み出し歩んでいきます」

伊那中学校で110人が卒業

式が終わると、各クラスで最後の学活が行われました。
このうち3年1組は、歌をうたって保護者に感謝を伝えました。
13日は南箕輪村の南箕輪中学校でも卒業式が行われました。
放送エリア内の小中学校の卒業式は18日まで行われ、ピークは15日となっています。

前のページに戻る 一覧に戻る