伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
154/(月)

ニュース

森林探索ゲーム「信州の森ずかん」

森林探索ゲーム「信州の森ずかん」

ドローン計測や拡張現実「AR」の技術を使った森林探索ゲーム「信州の森ずかん」の体験イベントが31日南箕輪村の信州大学農学部で開かれました。
体験イベントは社会実験を兼ねて開かれてもので、森林に親しみ林業に関心を持ってもらおうと、伊那市の精密林業計測株式会社が企画しました。
参加者は、専用のスマートフォンとイヤホンを借り森林を散策します。
歩いているとイヤホンからはAR技術を使った鳥の鳴き声や風の音などが聞こえてきます。
またポイントでは樹木に関する問題が出題されます。
信州の森ずかんは、精密林業計測の計測データを元に、トヨタグループのジェイテクトのAR技術と(()女学園大学の仮想空間のデザイン技術を使い共同開発しました。
イベントは4月1日も開かれます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る