伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
235/(木)

ニュース

児童養護施設や乳児院に絵本を寄贈

児童養護施設や乳児院に絵本を寄贈

県内の協賛企業103社で作る「子ども達に絵本を送ります実行委員会」は児童養護施設や乳児院に絵本など274冊を16日に寄贈しました。
伊那市のたかずやの里で贈呈式が行われ、協賛企業代表で株式会社キタノヤ電器の北原國人(きたはらくにと)会長が
一般財団法人長野県児童福祉施設連盟の川瀬(かわせ)(かつ)(とし)会長に本を手渡しました。
この取り組みは、県内の子供たちに絵本を読んでもらい、表現力や思考力を身に付けてもらおうと、県内の企業が協賛して行っているものです。
贈られた絵本など274冊は、県内21か所の児童養護施設や乳児院に配られます。
今回は佐久市在住の放送作家、加瀬(かせ)(きよ)()さんが製作したはがきサイズの紙芝居も各施設に1つずつ寄贈されました。
この取り組みは今年で15年目を迎え、たかずやの里には15冊が寄贈されたということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る