伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
245/(金)

ニュース

中尾歌舞伎の春季公演に向け稽古が本格化

中尾歌舞伎の春季公演に向け稽古が本格化

伊那市長谷の農村歌舞伎 中尾歌舞伎保存会は、29日の春季定期公演に向けて稽古が本格化しています。
16日は中尾座で保存会のメンバーが稽古を行いました。
上演するのは、「奥州(おうしゅう)安達(あだちが)(はら)三段目(さんだんめ)(そで)(はぎ)祭文(さいもん)の段」です。
平安時代を舞台に、親子の情愛を描いた悲話です。
(そで)(はぎ)は、11歳の娘・お(きみ)に手を引かれ、敵方の夫と駆け落ち以来、10年ぶりに実家に戻ります。
11歳の娘のお君を演じるのは、(かや)()(はる)さんです。
茅納さんは伊那西小学校2年の7歳、自分の歳より上の役に挑戦します。
前半は、母子の情愛、家族の悲哀が見せ場となっています。
16日は、保存会の中村(なかむら)徳彦(のりひこ)代表などが代役を務めて通しで稽古をしていました。
公演は事前予約制となっています。
伊那ケーブルテレビでは、29日の公演の模様を午後1時半から122chで生中継します。
 

前のページに戻る 一覧に戻る