伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
235/(木)

ニュース

手良で一足早く田植え始まる

手良で一足早く田植え始まる

20日の伊那地域の最高気温は午後2時54分に26.6度を記録し、7月下旬並みとなりました。
伊那市手良の田んぼでは一足早く田植えが行われました。
田植えをしたのは、伊那市手良にある株式会社中坪ノーサンです。
中坪ノーサンでは、借り受ける水田が多いため、毎年4月下旬から田植えを行っています。
高齢などの理由から田植えの作業ができなくなった農地などを借り受け、およそ33ヘクタールの田んぼで田植えを行っています。
栽培するのは、コシヒカリを中心に早生種の「五百川(ごひゃくがわ)」「スーパームーン」「こがねもち」です。
20日は中坪ノーサン代表の登内(とのうち)美穂(みほ)さんが田植え機を操り、味も良くコシヒカリよりも早く収穫できる五百川を植えました。
登内さんは「米作りは天候に左右される。今年も美味しい米が収穫できるよう無事育ってほしい」と話していました。
田植え作業は6月中旬まで続きます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る