伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
235/(木)

ニュース

劇団風の庵から まつり工房で公演

劇団風の庵から まつり工房で公演

上伊那地域の演劇愛好家でつくる、劇団風の()からの公演が伊那市西春近のまつり工房で4月21日に行われました。
今回上演したのは松本市を中心に活動する劇作家が書き下ろした新作「六郷()()BLUE()」です。
ファンタジー要素を取り入れつつ、薬物や貧困などの問題に切り込む社会派作品となっています。
内容は、ホームレス支援組織の職員から薬の治験を頼まれたホームレスの男、三郎(さぶろう)が薬の作用により生活が徐々に破綻していくストーリーとなっています。
劇団風の庵からはまつり工房を拠点に活動していて、今回の公演に向けて1月中旬から稽古を重ねてきました。
公演は2日間行われ、あわせておよそ150人の観客が訪れました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る