伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
235/(木)

ニュース

伊那ローメンズクラブ 珠洲市で炊き出し

伊那ローメンズクラブ 珠洲市で炊き出し

伊那市の飲食店などでつくる伊那ローメンズクラブは、能登半島地震で被災した石川県珠洲市(すずし)を訪れ、連休中の5日と6日に炊き出しを行いました。
炊き出しには、クラブのメンバーを中心に14人が参加し、5日は珠洲市内の避難所になっている(ほう)(りゅう)小中(しょうちゅう)学校でローメン500食とわたあめを振る舞いました。
珠洲市東部にある(ほう)立町(りゅうまち)地区は、津波による被害もありましたが、家屋の全壊が特に多く、4か月経った今でもそのままの状態となっています。
宝立小中学校では、現在もおよそ70人が避難生活を送っています。
近くには仮設住宅もあり、炊き出しには多くの人が訪れ、ローメンを味わっていました。
この日は、主旨に賛同した信州プロレスが特別試合を行い、会場を盛り上げていました。
炊き出しは、6日に近くの道の駅でも行われ、2日間でおよそ1,500食が振る舞われました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る