伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
235/(木)

ニュース

南箕輪中 経ヶ岳強歩大会

南箕輪中 経ヶ岳強歩大会

南箕輪村の南箕輪中学校で伝統行事の経ヶ岳強歩大会が10日に開かれました。
午前9時過ぎに南箕輪中学校の第二グラウンドから442人がスタートしました。
3年生男子から順に男女別・学年別に走り出しました。
コロナ禍前は経ヶ岳の8合目をゴールに開催されていましたが、現在は生徒の安全確保のため経ヶ岳の登山口までを往復するコースに変更されています。
一番長いコースは14kmで、他に11kmと7kmのコースがあります。
生徒はそれぞれ自分に合ったコースを選びます。
スタートからおよそ1時間後、ゴールにトップの生徒たちが戻ってきました。
大会の結果14kmコースの男子トップは1時間4分5秒で2年生、サッカーのクラブチームに所属する平田樹汰()さんでした。
14kmコースの女子のトップは1時間16分2秒で3年生、バスケ部の長尾凛花()さんでした。
南箕輪中学校では「自分で目標を決めてやり遂げてほしい」と話していました。

前のページに戻る 一覧に戻る