伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

台湾の高校生と高遠高校の生徒が交流

台湾の高校生と高遠高校の生徒が交流

伊那市高遠町の高遠高校の生徒は、日本を訪れている台湾の台中(たいちゅう)市立(しりつ)西苑(せいえん)高級(こうきゅう)中学(ちゅうがく)の生徒と21日に交流しました。
この日は日本の高校にあたる台中(たいちゅう)市立(しりつ)西苑(せいえん)高級(こうきゅう)中学(ちゅうがく)の生徒19人が教育旅行の一環で高遠高校を訪れました。
歓迎セレモニーでは、高遠高校の生徒が部活紹介を行いました。
弓道部は、体育館で弓を引きました。
台湾の生徒は、写真を撮りながら見ていました。
書道部は書道パフォーマンスを行い、ようこそ高遠へという意味の漢字を書きました。
台湾の生徒は、自身の学校を紹介しました。
その後、高遠閣に移動して班ごと交流しながら昼食をとりました。
互いにスマートフォンを使いながらコミュニケーションをとっていました。
また、書道による交流もありました。
長野県では、国際交流の推進や交流人口の増加を目的に、海外からの教育旅行の受け入れを積極的に行っています。
今月は海外から県内に10校約200人が訪れています。
台湾の生徒たちはきょう伊那市内にホームステイし、関東地方を観光して25日に帰国すると言うことです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る