伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

伊那市 カシノナガキクイムシ被害を初確認

伊那市 カシノナガキクイムシ被害を初確認

伊那市松くい虫対策協議会が28日市役所で開かれ、ナラ枯れを引き起こすカシノナガキクイムシの被害が初めて伊那市で確認されたと報告されました。
会議では、県が被害について報告しました。
ナラ枯れを引き起こすカシノナガキクイムシの被害は、これまで駒ヶ根市などで確認されていましたが、昨年度初めて伊那市で確認されたということです。
県では「今後も状況を注視していきたい」としています。
また、伊那市の昨年度の松くい虫の被害量は1,441立方メートルでした。
前の年より減少していますが、算出方法の変更によるもので、伊那市では標高900m以上で被害が増加しているとしています。
昨年度の枯損木の処理事業費は3,260万円となっています。
事業費のおよそ半分は住宅街や幹線道路沿いの被害木を伐倒する特殊な伐採に使われていて、費用がかさむため思うように処理が進んでいないということです。
伊那市では、今年度も引き続き伐倒駆除や樹種転換、樹幹注入を行っていくとしています。
会議には上伊那森林組合や地区代表など約20人が出席しました。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る