伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

伊那市が木質バイオマス発電事業

伊那市が木質バイオマス発電事業

伊那市は美和ダムに流れ着いた流木と松枯れした被害木を使い、木質バイオマス発電事業を行います。
7日は、市役所で開かれた市議会全員協議会で事業の説明が行われました。
木質バイオマス発電設備は、伊那市高遠町上山田の上伊那森林組合の工場の敷地内に設置されます。
発電には、年間620トンの流木と松くい虫の被害木を活用する計画です。
設備は24時間稼働で、発電した電力は上伊那森林組合の工場で使用するほか、余剰電力は、丸紅伊那みらいでんき株式会社に売電する予定です。
年間の発電量は年間およそ174,000kWh(キロワットアワー)で、年間の二酸化炭素排出削減は695トンを見込んでいます。
事業費はおよそ2億3,500万円で、稼働は2025年4月以降としています。
このバイオマス発電事業は上伊那森林組合に実証事業として3年間委託し、その後は設備を貸与し森林組合が運営を行います。

伊那市が木質バイオマス発電事業

また7日は、伊那市議会6月定例会が開会し、7億3,500万円を追加する一般会計補正予算案など5議案が提出されました。
補正予算案は、国の定額減税調整給付金などに6億3,000万円、高遠第2・第3保育園の建て替えに伴う仮園舎改修工事に1,200万円などとなっています。
市議会6月定例会は18日から20日に一般質問、28日に委員長報告と採決が行われます。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る