伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

小梅の収穫が最盛期

中川村

小梅の収穫が最盛期

 小梅の産地、中川村では収穫作業が最盛期を迎えた。
 大草下平の井沢章さん(79)の梅園では、孫の篤紀君(小学6年)暢君(小学4年)も手伝い家族総出で、「吉村」「竜峡小梅」の収穫作業に精を出している。
 作業は通称「こいのぼり」と呼ばれる作業袋を枝に縛り付け、小梅をもぎ取り、「こいのぼり」に入れて運び、選別、出荷する。
 井沢さんは30本余り栽培し、約800キロを収穫する。
 「今年のなりは平年並、雹(ひょう)害も少なく、まずまずの品質」と話していた。

前のページに戻る 一覧に戻る