伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

青年新規就農者の激励会

青年新規就農者の激励会

 地域農業を担う若手農業者を励まそう竏窒ニ15日、今春上伊那で新しく就農した7人を囲んだ激励会が伊那市西箕輪のトマトの木であった。先輩農家や就農を目指して上伊那で農業を勉強している研修生など約50人が集まり、情報交換をしながら交流を深めた。
 地域のことをよく知らない新規就農者が、情報交換をしたり、志を同じくする農業者とのつながりをつくるための取り組み。今年はIターン者が最も多く5人。学卒で実家を継いだUターン者もいた。分野は野菜、果樹、畜産、水稲など。
 上伊那農業改良普及センターの石原貞治所長は「耕作放棄地は年々増えており、新しい担い手の確保が必要となっている。一方で、就農を目指す若者が増え始めていることも実感している。がんばってほしい」と挨拶。
 新規就農者らは「経営を安定させたい」「お客を増やしたい」など、それぞれの夢や将来について語った。
 上伊那の新規就農者の定着率は9割前後で、リタイヤ者は少ないという。

前のページに戻る 一覧に戻る