伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
262/(月)

ニュース

みのわ手話ダンスの会が県外の愛好者と交流

みのわ手話ダンスの会が県外の愛好者と交流

 箕輪町の手話ダンス愛好者でつくる「みのわ手話ダンスの会」(大槻一子指導員)は7日、町内の松島コミュニティーセンターで、交流会をした。大槻さんが指導する上伊那の4教室のメンバーと、東京、横浜から迎えた愛好者ら約60人が、親ぼくを深めた。
 03年から2年に一度ある交流会。参加者らが「瀬戸の花嫁」「四季のうた」「ふるさと」「川の流れのように」など、さまざまなジャンルの曲に合わせて23プログラムを披露。日ごろの練習の成果に、盛大な拍手を送り合った。
 また、全プログラム終了後は、各土地のお囃子(はやし)を全員で踊り、交流もした。
 大槻指導員は「手話は聴覚障害者の大切な言葉ということを、見る人も、踊る人もより深く理解し、障害者との交流を深めていきたい」と話している。

前のページに戻る 一覧に戻る