伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
262/(月)

ニュース

むらづくりネット宮田設立

むらづくりネット宮田設立

 夢を持ってできる所から自分たちの手で自立のむらづくりを進めようと11日、宮田村に「むらづくりネット宮田」が発足した。村長の諮問機関として5月末の提言後に解散した「むらづくり協議会」の有志が、活動を継続、発展させたいと集まったのがきっかけ。児童育成の看板づくりや福祉マップなど既に具体化する取り組みもあり、多くの住民に参加を呼びかけ・ス協働・スの輪を広げたい考えだ。
 住民と村職員が同じ目線で議論した同協議会の良さを活かし、行政との・ス協働・スも積極的に推進する計画。発足メンバー約25人のうち村職員が8人ほど、村議が3人加わった。
 「村が住民参加の機関を設けても、提言後の展開がない場合が多い。宮田の取り組みはモデルケースにもなるはず」と同会事務局は期待を寄せる。
 協議会に引き続き参加した村職員は「住民と一緒に協力することは、行政職員が意識を持って動くことにつながる。職員の立場を最大限に活用し、役に立ちたい」と話す。
 活動の基本は「自分たちがやってみたいことをやってみる」。プロジェクトを立ち上げて賛同者を募るほか、実現に向けて他団体との連携も図る。
 既に準備会の段階で「福祉マップ」の作成を計画。協議会の教育文化ワーキンググループが立ち上げた新たな組織と協力し、児童育成の看板もつくろうと動き出している。
 この日開いた設立総会でも「宮田の水を利用して水力発電を設けたい」など、計画案を自由に出し合った。
 役員も決め、代表にはむらづくり協議会長だった保科治男さん=町3区=、副代表に仁科智弘さん=大原区=を選んだ。

前のページに戻る 一覧に戻る